ミズタニシザーズ オフィシャルサイトの 第57話:良いヘアスタイルは良いハサミからのページです。

MIZUTANI

ライブラリ

第57話:良いヘアスタイルは良いハサミから
このように考えるとより良いヘアスタイルを作るため美容師、理容師の知識、技術、感性が重要なのはいうまでもありませんが、きちんと切れる良い刃が必要で、手の力を的確に刃に伝わるようなハンドルが必要なことがわかります。このようなことからお客様のヘアスタイル(髪の毛)と美容師、理容師のイメージを形にしているハサミの重要性が見えてくると思います。
 
ハサミは切れて当たり前です。美容師、理容師がストレスを感じることなく自分のイメージを刃に伝え想い通りのヘアスタイルが作れればいいのですから、通常は縁の下の力持ちで良いのだと思います。ただ、ひとたび切れなくなると髪の毛は傷んでしまいますし、手は疲れてしまいますし、イメージ通りにスタイルは仕上がらず大変なことになります。何よりお客様を満足させるという目的から外れてしますのです。ハサミは何でもいいという美容師、理容師さんも実はお客様と美容師、理容師を直接つなぐ重要なコンタクトポイントなのです。お客様のヘアスタイル→髪の毛→刃→ハンドル→手→美容師の技術の流れを図3−1に示します。