ミズタニシザーズ オフィシャルサイトの 第67話:カット後の毛髪断面のページです。

MIZUTANI

ライブラリ

第67話:カット後の毛髪断面
カットした後の髪の断面をよ〜く見たことがありますか。美容師、理容師が使うハサミの刃はとても鋭利なものです。また普通のハサミで髪の毛をカットすると、髪に良くないというイメージがあると思います。それは切れ味の悪い刃で髪をカットすると髪を引きちぎることになるからです。すると髪の断面が荒れ、そこから髪が裂けて、枝毛や切れ毛の原因となり髪の成分が流出してしまいます。
 
一般のハサミで髪をカットしたものを図3−2に示します。カットした面がつぶれ、引きちぎられることでパピラ(毛乳頭)域は扇状に開き、ここから髪成分が流出してしまうことが髪を傷める大きな原因になります。では、この髪を引きちぎる現象はどんなハサミを使っても起きているのでしょうか。美容師、理容師用のハサミでカットした毛髪の断面が図3−3です。この写真では左斜め上下方向からハサミの刃で髪をカットしています。その結果、刃が入ってきた端の部分はきれいな断面となっていますが、中央付近があらい断面になっています。切れ味の悪いハサミを使ってカットすると、このあらい面が広くなります。そこから髪が裂け、枝毛や切れ毛、そして成分流出などが生じます。