ミズタニシザーズ オフィシャルサイトの 第75話:男女毛髪の断面構造のページです。

MIZUTANI

ライブラリ

第75話:男女毛髪の断面構造
男女の髪の太さは男性の方が太く、女性の方が細いと思われていますが、ほとんど変わらないという報告が多いようです。しかし実際は、太さやしなやかさは個人差によって異なります。他方、毛髪の構造は男女ともに同じですが、加齢にともない髪はだんだんと細くなっていくことは事実です。このため全体の毛の量が減ったように感じるのです。髪の両端を引っ張ると、太さは約80ミクロン(0.08ミリ)の健康な髪では150〜180g、60ミクロンの髪では120gの強度を示すことが報告されており、当然ですが髪の強度は太さに依存しています。
 
男性の毛髪を電子顕微鏡で観察した結果を図2−5に示します。この結果、きれいにカットされた毛髪の直径は約92ミクロンで、中央部からわずかに外れてカットされていたのでメデュラ(毛髄質)も鮮明に観察されていました。これに対して女性の毛の太さを観察した結果を図2−6に示します。この結果は直径約60ミクロンと、男性の太さよりも約30ミクロンも細いことがわかりました。この太さの違いが偶然なのか、それとも本質的な違いによるものなのかは、n数がそれぞれ1であるため統計的な違いは判断できませんでした。メデュラについては、ちょうど髪の中央付近でカットされていたので、よくわかりませんでした。なお観察倍率は1000倍でしたが、図2−6(b)だけは1500倍ですので、比較をするときには注意が必要です。