ミズタニシザーズ オフィシャルサイトの ライブラリのページです。

MIZUTANI

ライブラリ

今回のこの本の執筆にあたり東京・両国の相撲博物館の石山五郎館長(横綱三重ノ海関、元武蔵川理事長)ならびに中村史彦氏に断髪式について質問させていただき、詳しく教えていただきました。ご丁寧にお答えいただきありがとうございまし … 続きを読む

多くの人が何らかの環境や心境の変化で、それまでと違った髪型に変えたことがあると思います。春になったから、夏がきて暑いからといった体が感じる生理的な環境の変化から、髪を大きくばっさりと切ったことがある人は多いのではないでし … 続きを読む

人は季節の変わり目や生活環境の変化、恋愛や失恋などの心の変化などでヘアスタイルを変えることがあります。髪の毛は顔のイメージを構成する大事な要素です。ヘアスタイルを変えるということは、顔のイメージを変えるということですから … 続きを読む

日本人の頭髪の本数は10万本ほどあることは前述しました。毛の太さは、子どものときは細い毛が多く、思春期になると太くなります。歳をとるにしたがって細くなるので、見掛けは短い毛の割合が多くなります。ですから20歳のときに比べ … 続きを読む

金髪はまれにしか見られない髪色で、全人口の1.7〜2%程度しか見られません。金髪の大部分は白人に見られます。しかし白人だからといっても、すべての人が金髪ではありません。むしろ栗毛や黒髪の人口の方が多いと言われています。よ … 続きを読む

栗毛(栗色の毛を持つ馬、あるいは馬の毛色のひとつで、黄褐色の毛を有する馬のことを指す)は黒髪と同じくあらゆる地域に見られます。多くの場合は地中海沿岸や中東などでは、ありふれた髪の色といわれています。とは言え、栗毛と金髪は … 続きを読む

黒髪は日本人をはじめとして東アジア、アフリカ、南アジア、中東、太平洋諸島のほとんどの民族で見られる髪の色です。実は、あらゆる地域の民族で黒髪は発注する可能性があります。黒髪は大量のユーメラニンを含んでいて、毛髪の太さや髪 … 続きを読む

日本人の髪は、黒髪というイメージがありますが、現代は好きにカラーリングできる時代なので、純粋な黒髪の方はかなり珍しくなってきています。第2章8節「日本人の意外に知らない髪の色」でも同じように髪の色について詳しく説明してい … 続きを読む

それでは、美容師、理容師が使っている髪を切るための理美容ハサミではどうでしょうか。前述の実験で、文房具のハサミや裁ちバサミではパワーグリップを繰り返すことによって紙や布などを切っていることがわかりました。確かに精密グリッ … 続きを読む

道具を使う時の握り方については、「手と道具の人類史」(関 昌家、鈴木 良次編集)において、面白い実験を行なっています。紙、布、革、銅板、プラスチック、木などの様々な材料を切るときに、その材質に応じた道具として、文房具のハ … 続きを読む

1960年代、整形外科医であるネピア(Napier)は人が手を握る時には、基本的に2種類の握り方に分類されるとしました。その2つの握り方とは「Power Grip」と「Precision Grip」といいます。この項では … 続きを読む

女性自衛官は、男性自衛官と違い好みの長さに髪の毛を伸ばすことが許されていますが、髪の毛を結ばずに下ろしていると、勤務中に器具や機械類に髪の毛が巻き込まれるなどのさまざまな職務上の危険と隣り合わせの環境のため、髪が長い場合 … 続きを読む